にんにくの臭いについて


にんにくは口臭の王様と呼ばれています。なぜ臭うのか?そう疑問に感じたことはございませんか?そこでこちらでは、臭いが強くなる原因についてお話ししたいと思います。

臭いの元はアリシンという成分


ツーンとくるあの特有の臭い。その主な原因となるのがアリシンという香気成分です。にんにくには、アイリンという成分が含まれています。この成分、本来は無臭なのですが、調理段階で切ったりすりおろしたりすると、アイリンがアリシンへと変化し、強いにんにく臭を発生させます。

ニンニク料理を食べた後、腸から吸収されたアリシンが体内を巡る血液によって全身に循環し始めます。その結果、口臭だけでなく体臭まできつくなり、たとえ入念に歯磨きを行ったとしても防ぎようがないのです。消化が進むほど臭い成分も増加していくので、ツーンとした臭いはすぐには消えてくれません。長時間継続します。

黒にんにくの臭いについて


しかし、同じにんにくでも「あまり臭わない」といわれている種類が存在します。それが黒にんにくです。黒にんにくは、その名の通り見た目が黒いのが特徴です。これは最初から黒色だったわけではなく、白いにんにくを高温・高湿という一定の環境に置き、長時間かけて熟成・発酵させることで徐々に黒へと変化させていきます。


この熟成過程で不快臭の正体である「アリシン」が減少するため、普通のにんにくよりも食後の口臭が気にならなくなるのです。臭いが原因で食べるのを毛嫌いしている方も多いようですが、「熟成黒にんにく 黒しずく」であればその心配がございません。

気兼ねなく安心して摂取することができる上、毎日の健康維持にお役立て頂けます。グリーン・ウィルの国産黒にんにくを食べて、元気ハツラツな日々を過ごしましょう。

お問合せはこちら

メール: info@green-w.com