経営理念

社是 誠心誠意

一、私たちは、お取引先と信頼し尊敬しあえるパートナーとなり、安心・満足・感動をお届けします。

一、私たちは、社員の物心両面の幸福を追求し、働きがいのある会社を目指します。

一、私たちは、「食と健康」を通じて第一次産業の活性化に努めることで社会に貢献します。


代表取締役メッセージ

我が日本は、2025年にいわゆる「団塊の世代」が75歳以上となり、65歳以上の高齢者が全人口の3割に迫るといわれています。日本の農業を見ても高齢化が深刻な状況で、なおかつ後継者不足に悩まされています。
このような人口の高齢化と農業の過疎化は避けて通れない道のようですが、「食」は人間あるいは動物が生きてゆく上で最も欠かせないことのひとつであり、決して無くなることはありません。
弊社は、この「食」の分野において生産者やお客様の立場に立って考え、今後も「一歩先を行くサービス」を目指してまいります。
私は、毎月のように全国の農業生産現場を訪ねますが、そこで生産者さん達がいろいろな問題を抱えている状況を多く目の当たりにします。これまで「安心」「安全」「便利」を与えてきた既存の農産物流通システムそのものが今の時代に合っているのかと常に自問自答しています。今、そしてこれから私たちに何ができるのかを、お取引先様と充分に議論を重ね、既存の枠組みにとらわれないビジネスモデルの確立をこれから行ってまいります。

冒頭述べましたように、今後は高齢化に伴い就労世代の人口がますます減少します。就業者が企業をあるいは仕事を選ぶ基準もかなり様変わりするかもしれません。グリーン・ウィルは、全社員が「仕事」を通じて自己研鑽に励み、安定した成長と個々の「夢」の実現を図ってもらえるよう、全力でサポートしてまいります。

今後もますます経済が不透明感を増す中で何が求められるのか、その社会の変化を柔軟に捉え対応することを通じて、誠心誠意、世の中のお役に立てるよう頑張ってまいります。