にんにくとCA貯蔵

みなさん、こんにちは。

4月になって、ようやく暖かくなってきたと思いきや、
大阪ではまだまだ寒い日があって着るものに苦労する今日この頃です。

さて、当社の主力商品である「青森県産にんにく」ですが、
農協(JA)のから出荷されるものは「CA貯蔵もの」が出回りはじめており、
相場は1キロあたり2,500円前後で推移しています。

数年前と比較すると4月の価格としては安値もしくは横ばいといった感じ
でしょうか。

しかしながら市場によっては入荷が少なく、潤沢とはいえない状況です。

規格別にみてゆきますと、
2Lサイズは極めて少なく、新モノまで繋がることはほぼ無さそうです。
Lサイズ以下は、今のところ順調です。

「にんにく」は、例年、発芽時期である10月頃と気温が上昇する4月頃に
「芽」や「根」が動き始める性質を持っており、「CA貯蔵」ではない
にんにくは、市場では敬遠されがちです。

しかしながら、保管温度を適正温度(0℃~マイナス1度)で管理されているものは
基本的に「芽」や「根」が動くことはほぼありませんので、ご安心ください。

「CA貯蔵」といえば「りんご」の貯蔵法で有名ですが、包装資材の「MA包装」と
同様に「酸素、二酸化炭素、窒素」の組成率を空気とは違う状況にコントロールして、
温度と湿度も併せて調整することで青果物の鮮度保持を行う方法です。

「MA包装」は、目に見えない穴が袋に空いており、穴の数などを調整することで、
作物ごとの最適な商品がメーカーから発売されています。

昨今では、カット野菜等の簡単便利なパック詰め野菜がスーパーなどで販売
されていますが、今後も「加工済み野菜」の需要は高まるばかりで、
鮮度保持技術や安心安全な加工方法が更に注目されるものと思われます。

【業務用野菜のお問合せお待ちしております】
当社では、「にんにく」以外にも業務用野菜やハーブ類の取扱いをしています。
お困りの商材等がございましたら、お気軽にご連絡を頂けますよう、
お待ちしております。

野菜ソムリエと流通

皆さん、こんにちは~。
ようやく暖かくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
私の住んでいる大阪も日ごとに暖かさを増しており、昨日は朝起きるなり「ヘェ~ックション!」を10連発!。
アレルギー持ちではないはずなのですが、これって花粉症発症なのかとヒヤヒヤしています。

さて、本日のお題は・・・

「野菜ソムリエと流通」

何を隠そう私は「野菜ソムリエ」の資格を持っているのであります。
取得したのは今から10年以上も前のことですから、詳しいことは何も質問しないでくださいね。

野菜ソムリエの取得については、野菜ソムリエ協会に詳細が記載されていますので、そちらをご覧ください。
「野菜ソムリエ」の資格は、生きてゆく上で大切な「食」について、今までよりも掘り下げて考える、あるいは周囲に伝えることができる資格だと私は思います。
(決して宣伝をするわけではありませんので~)

ところで、
最近は「こだわり野菜」や「顔の見える野菜、果物」など、付加価値や差別化を謳った野菜や果物がマスコミ等でも多く取り上げられます。
また、健康に良い、あるいは栄養素を損なわない調理法といったテクニックが紹介される番組や記事を多く目にします。

野菜ソムリエの方々がこのような番組等で説明される機会も多くなり、「資格取得が収入につながる」良いケースだと思っています。

そして、ここからが厄介なのです。それは、

『紹介された「こだわり野菜」や「顔の見える野菜、果物」って、どこに行けば買えるんだ?』

紹介された商品の多くは、直接生産者の通販サイトが紹介されたりするわけで、ご近所のスーパーで買えない場合がほとんどです。

卸売市場を介した一般流通では、残念ながら今までのところ「こだわり」や「顔の見える」商品は、ほとんど目にすることができません。

このことは、決して卸売市場が怠けているという意味ではなく、「日本の青果物流通のシステム」自体に課題問題があります。
一定規格のものが大型トラックで産地から卸売市場まで大量に輸送されているのが現状です。
このような仕組みの中で付加価値や差別化を見出そうとする商品はほとんど無いのが実情です。

量販店が競合近隣店舗との差別化を図るために、卸売市場に流通していない野菜を生産者から直接的に仕入れて販売する事例も増えています。
この場合でも物流が一番の課題となり、いかに少量のものをコストをかけずに効率的に運ぶかが、適正売価設定のマスト条件となります。

マーケティングミックスで4Pがありますが、青果物における課題のひとつは「PLACE」で、物流の確保と物流コストの商品への転嫁方法にあると考えます。

「儲かる農業」が多くの生産者で実現されるためにも、「野菜ソムリエ」と「青果物流通」は、これからますます注目を浴びることになると思います、

それでは。

日本の生産者の海外進出

皆様、まいど!こんにちは!!!

今年の冬は寒さが めっちゃ 厳しいですね。
この寒さに加えて、去年の10月下旬に来よった台風の影響で 農作物の作付時期に空白が生じてしも~たこともあって、野菜の流通は ホンマ未だかつてないほどに混乱をきたしてしもてますね。

気象条件による不作や豊作っちゅうもんは、人間がコントロールできへん部分もあるんやけど、最近やと、「生産する場所」や「販売する場所」を新規開拓するっちゅう生産者が増えてきとるんちゃうんかいなと思いますゎ。
野菜の冬春生産が主体の九州地域で生産を行っている農業法人が北海道の農業法人を手を結んで、生産面と販売面で協力してゆく。
あるいは、自社で開発を進めて全国規模での生産を行う農業法人。

一方で、日本国内での生産を維持、拡大しつつ、海外での生産、販売に注力する農業法人も増えてきております。
パイオニア的な例でっちゅ~と、タイ国内でマンゴーなどの生産を2000年代後半に開始した企業。
最近やと、ベトナム、ミャンマー、カンボジアなどへ日本人生産者が進出を果たしています。

以前は、海外で現地生産した商品(野菜、果物、加工食品)は、日本の市場をメインターゲットとしてマーケティングされてきよりましたが、現在の海外進出の多くは現地マーケットをターゲットにした「Made by Japanese」を展開していることに興味津々ですゎ。

今後の日本市場を見てみたら、決して明るい話題だけやおまへんし、やっぱり評価に厳しい日本市場よりも 海外のほうが競争しやすいしえぇわ~ という環境にあるんかもしれませんね。

ところで、話は変わりますねんけど、
今から30年以上前にスマートフォンの出現を誰が予言してたか皆さん知ってまっか?

恐らくドラえもんだけやと私は思いますねん。
(ドラえもんの秘密道具「おこのみボックス」で検索してくださいや)

ほんでから、今から30年後の世界や日本はどないになっとると思いまっか?
いま76億人の世界人口は約30年後の2050年、98億人に達していると国連は予想してはります。
一方の日本は っちゅ~と、今よりも3000万人ほど少のぅなって9700万人ほどになると国土交通省は試算してはります。

日本人が農業進出してはる国を見てみると、
・ベトナム:約9,700万人 → 2050年11,200万人
・ミャンマー:約5,200万人 → 2050年6,800万人
・カンボジア:約1,500万人 → 2050年2,300万人

世界的に見たら、
世界人口増の半分は、インド・ナイジェリア・コンゴ民主共和国・パキスタン・エチオピア・タンザニア・アメリカ・ウガンダ・インドネシアの9カ国の人口増に起因すると予想されてはります。(国連より)

人口は凡その見当が付きますねんけども、社会生活や経済活動が一体全体どのように変化しよるかを考えるっちゅぅことは、今から我々が取る行動の上でも大事なことやと思います。

スマートフォンのような技術的進歩が、30年後には他の分野でもホンマ進んどると思いますが、「食べること」に関しても何か動きがあるんかもしれませんね。

ちゃうちゃう
「食とは医食同源」やさかいに、今みたいにサプリメントなんかに頼らず、今まで以上に生鮮野菜や新鮮な果物、ほんでから 添加物の無い暮らしが待っとるんかもしれまへんなぁ。

今回は方言を交えてお伝えしました。
ほな✋

【グリーン・ウィル通信 2018.1号】生姜について

生姜は、様々な料理に「脇役」として入っていますが、あまり意識して買ったり使ったりすることも無い食材かもしれません。
日本では高知県、熊本県、千葉県が生産量トップ3で、この3県で日本の生産量(約5万トン)の6割程度を占めています。
(中央部分の少し色目が違う生姜が「親」ですね)

 

【生姜の輸入量】

生姜の輸入品は、原体そのまま、塩蔵されたもの、冷凍加工されたもの、摺り下ろした冷蔵品、ガリ、紅ショウガ、粉末などなど、実に多くの種類に加工されて日本に届きます。
平成27年の輸入量を見ると、生鮮しょうがは1万9820トンであり、塩蔵しょうがが1万3731トン、 酢調製しょうがが1万6842トン、その他調製しょうがが2万6802トン、乾燥しょうがが555トンとなっています。塩蔵や酢調製などの加工ものは、ガリや紅しょうがなどに利用されます。

【生姜の日本国内市場規模】
生姜の日本国内の市場規模は、14万トン程度と推察されます。
国産の生姜が、JAを通じて出荷される約5万トン、JA(系統)以外の出荷が約2万トン(推定)の合計7万トン。
輸入の生姜が、約7万トン。

【生姜の消費動向】
一般的に、スーパー等の量販店で販売されているのは国産がほとんどです。
国産生姜の流通経路は、一般消費者及び一部の外食チェーンと推察されます。
輸入生姜の流通経路は、外食チェーンをはじめとする「業務用」がほとんどを占めています。

年末年始休業のお知らせ

※※ 年末年始休業のお知らせ ※※

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
年末年始の休業期間について、以下お知らせ致します。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

<休業期間>

2017年12月30日(土) ~ 2018年1月4日 (木)

期間中は何かとご不便をおかけいたしますが、ご容赦賜りますよう

何卒よろしくお願い申し上げます。

夏季休業について

誠に勝手ながら、
8月 13日 (日) ~8月 15日 (火)の夏季休業とさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、ご容赦賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

※連休前後は交通事情もしくは物量の多さにより納品が遅れる可能性がございますので、
余裕をもってご注文いただけますよう、宜しくお願いいたします。

他社「ココナッツオイル」製品の自主回収に対する当社の対応について

2016年3月9日、日清オイリオグループは、製造販売しているココナッツオイル「日清エキストラバージンココナッツオイル 130グラム」の商品の一部にカビが発生したとして、同様の成分を使用した商品で出荷済みの計160万個を自主回収すると発表しました。

当社では上記報道を受けて、当社商品「エクストラバージンココナッツオイル5gスティック」を無作為にサンプル抽出し、日本食品分析センターにおいて「カビ数」の分析を行いました。

その結果、当社商品におきましては「カビ」の発生は認められませんでしたので、現在ご使用中のお客様ならびにこれからお買い求めのお客様におかれましては、安心してご使用頂ければと存じます。

なお、当社では「エクストラバージンココナッツオイル」の発売に先立ち、どのような商品パッケージが最も効果的に安心して安全にご使用頂けるのかを調査いたしました。

その結果、「使い切り」ができる「5gスティックタイプ」であること、「アルミ蒸着フィルム」を使用することで品質劣化を出来る限り軽減できること、そしてアルミフィルムが故、冷蔵庫保管時に固まってしまった場合も、たった3秒、手で揉むだけで、適度な粘度で取り出せること、を理由として価格面ではガラス瓶には劣りますが、安心して便利にお使い頂ける商品を発売させていただきました。(電子レンジには絶対に入れないでください)

今後とも「エクストラバージンココナッツオイル」のご愛用の程、よろしくお願い申し上げます。

【分析結果表】ココナッツオイル_カビ数

展示会出展のお知らせ

yakiniku_main top_img02_o

  •  名 称:第5回 ~ミートフードEXPO~焼肉ビジネスフェア2016 in 大阪
  •  会 期:2016年2月2日(火)~3日(水) 10:00~17:00
  •  会 場:大阪南港ATCホール
  •  ブースNO  OJ-12

招待状のご用意もございます。お申し付けくださいませ。

ご来場心よりお待ち申し上げております!

 

年末年始のご案内

※※ 年末年始休業のお知らせ ※※

休業期間

12月31日(木) ~ 1月4日 (月)

期間中は何かとご不便をおかけいたしますが、ご容赦賜りますよう

何卒よろしくお願い申し上げます。