40代、50代と年齢を重ねていくと気になるのが、ご自分の健康だと思います。
疲れやすくなったり、足腰が弱くなったと感じるなど、これまで感じられなかった症状や変化が現れる時期でしょう。
しかし、自分で自分自身の体を気にしてあげることで、健康維持につながるのではないでしょうか。
こちらでは、健康維持のために取り入れたいことをいくつかご紹介していきます。

適度な運動

健康維持のためには適度な運動が欠かせません。運動をすると疲労物質の乳酸が分泌されますが、この乳酸が脳下垂体に届くと成長ホルモンが分泌され、筋肉や骨を強くなるといわれています。また、脂肪を分解して肥満防止にもつながります。しかし、無理な運動は心臓の負担になったり、体を痛めてしまうことがありますので、まずはウォーキングなどの軽い運動から始めるといいでしょう。

質の良い睡眠

睡眠不足は健康に大きな影響を与えます。睡眠によって脳が休まると、心身の機能を回復させることができますが、睡眠不足になると、脳機能が低下してしまい、集中力や記憶力の低下の他、免疫や代謝に関わる機能の働きが悪くなってしまうことがあります。朝起きたときに眠気やだるさを感じないぐらいの睡眠をとるようにした方がいいのです。

栄養バランスのとれた食事

健康的な体には、栄養バランスのとれた食事が欠かせません。偏りのない内容の食事を毎日摂るように心がけるといいでしょう。しかし、仕事や趣味などで十分な食事が摂れないこともありますので、食事だけで必要な栄養素を毎日欠かさず摂るのはとても大変です。そのため、足りない分は健康食品で補給すると良いでしょう。健康食品を活用してみるのも1つの健康法です。
グリーン・ウィルで販売している「熟成黒にんにく 黒しずく」を、健康維持食品として取り入れてみてはいかがでしょうか。通常のにんにくを1ヶ月程熟成させており、ポリフェノール類も一般的なにんにくの19倍多く含まれています。(グリーン・ウィル調べ)